ブログ

Blog

img_0736.jpg

整体タナゴコロ症例no.2 突発的な頭痛

こんにちは、世田谷区梅丘の整体タナゴコロのブログです。

整体タナゴコロ症例no.2

突発的な頭痛 女性 28歳

以前から頭痛はあったが悩む程の頻度ではなかった。会社の期末が近づいた頃から頭痛が頻発するようになり、病院で診察を受けたが頭部CT撮影しても以上なし。市販の頭痛薬を常備し、薬のおかげで痛みは減り、会社の期末の忙しさも落ち着いてきたが、頭痛は消えず徐々に薬の量が増えていることに怖くなってきた。

整体タナゴコロの看板を見かけ、スマホからホームページを閲覧して来院を決意。

●所見。

来院時には頭痛が起きていない状態でしたので、問診による生活背景(前述の通り)と身体状況から分析開始。右肩が左肩と比べて顕著に挙上している(頭に向けて上がること)。ただし、本人自覚なし。風邪などの体調不良もなし。

顎の噛み締めに注目、右側頭部、右頬が異常に強張っている。

万歳の動作テストをしてもらい、顎に関係する側頭筋、咬筋、後頭筋を数分アプローチ。万歳の動作テストが劇的に変化、万歳が楽にできると驚き。顎の緊張により肩が強張っていたことを説明し、顎と関連部位への施術指針を定めて施術開始、

○施術

側頭筋、咬筋、後頭筋を継続して施術。続けて斜角筋。顎の緊張の強い方が斜角筋も硬い。斜角筋は腕神経叢の側を通るので緊張すると肩や背部にも影響が出る。

頭部、頸部の皮膚へアプローチ。

皮膚が柔らかくなった頃に本人が私の説明の受け答えがしずらくなるくらい意識が遠のきウトウトしはじめる。うつ伏せになる前に再度万歳テスト。更に改善。頭が軽くなったことを本人も自己申告する程に実感、「力が入っていたんですね」本人が気付く。本人にとって本日一番の収穫かもしれない。

骨格の矯正より手指足指末端をほぐして自律神経のアプローチ。最後は上部胸椎と腰部神経叢集まる部位を矯正。帰宅。

三日後に朝の出勤時間に偶然会い「もう頭痛薬は飲んでいません」と良い報告あり。

数回の整体で頭痛の頻度は殆どなくなった。顎は引き続き調整しているが以前のような頭痛は起きていない。

◎ワカルとカワル!

原因不明の頭痛は中枢神経を疑う前に、顎の確認。皮膚が硬いのは毛細血管が細く酸欠状態にらある可能性あり。筋肉だけではなく皮膚も確認しよう。

整体タナゴコロの情報は以下でも掲載しています。

整体タナゴコロ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ワカルとカワル!整体タナゴコロ

住所:世田谷区梅丘1-16-7 フラット1167 1F

Tel.03-6873-9381

受付時間:10:00~19:30(営業終了20:30)

HP:http://www.tana-gokoro.com

戻る

アクセス

〒154-0022 世田谷区梅ヶ丘1-16-7 フラット1167・1F
03-6873-9381
10:00~20:30(受付19:30迄)