院長ごあいさつ

About Us

手の心 ( タナゴコロ を介して、お客さまと一緒にカラダが「カワル」
キッカケ創りを。

院長の小原 太郎と申します。
私が整体という言葉と出会ったのが14歳の中学生の部活動の怪我。
腰から右足にかけての痛みと痺れから歩行に支障をきたしており、藁をも掴む思いで近所の整体院へ駆け込み、生まれて始めて整体を体験しました。数回の整体で腰の痛みが和らぎ、引きずっていた右足は部活中に走れる程まで回復しました。私自身が痛みや痺れといったカラダの不調に悩む立場にあったので、現在お悩みの方に少しでもお役に立てたら幸いです。

人間のカラダは少しのトラブルで回復力が低下し不調が停滞することがありますが、少しの工夫で回復力が向上され不調から解放されることも多くあります。

回復力は生きとし生ける物全てに存在するカラダのルール。
我々はそのルールが正常に働くキッカケを創ることをしております。
そして、私がお客さまに整体を「一方的に施す」のではなく、お客さまと整体内容を一緒に「創る」ことこそ最も効果を発揮するものなのです。「握れば拳開けば掌(手の心)」という(状況次第で様々に変化するという意味)ことわざがあります。整体も一人一人のカラダや状況に応じて内容を変化させていくもの。整体の考えや思いが一文字に表れていることから「掌(タナゴコロ)」と命名しました。

ぜひ当院で、あなたのカラダが変わるキッカケを共に創らせて下さい。

アクセス

〒154-0022 世田谷区梅ヶ丘1-16-7 フラット1167・1F
03-6873-9381
10:00~20:30(受付19:30迄)