施術内容

Treatment

筋肉を柔らかくする「ほぐし」、日本式の「整体」、アメリカ発祥の「カイロプラクティック」を主に行なっています。
10数年以上の歳月で様々な身体観を経験してきたので、慢性的な肩コリ、何となく気になる腰コリであっても様々な視点から考え、
改善方法を模索提案します。

「ほぐし」

整骨院・リラクゼーションサロン、カイロプラクティック・・・様々なスタイルの院での経験から抽出したほぐしを行ないます。
痛気持ちいい強圧から、触れているかどうかわからないぐらいの弱圧まで方法はクラアント様の要望と身体の状態からご相談して決めます。
強圧でも弱圧でも効果は同じです、方法と手段はクラアント様に合ったものを選びます。

「日本式整体」

江戸時代に発祥した整体流派と、日本一有名な整体流派の身体観がベースになっています。
解剖学書籍にある身体構造とは別に、カラダにおこる「反応」や、動きの「詰まり(支点)」など身体構造とは少し違った観点から考えてクラアント様のカラダを観察し指針を決定します。

「カイロプラクティック」

アメリカ発祥の療法で、海外では日本のお医者さんと同じ部類になっています。骨盤を含む、脊柱(背骨のこと)の歪みに矯正を行うことで、脊髄神経を正常化し身体不調を改善する療法です。解剖学や生理学の根拠をもとに理論構築されているので、合理的な方法が非常に多いです。

「その他療法」

アクティベーター、PNF(操体法)、ストレッチ、足裏反射刺激法。

「テープ療法」

キネシオテーピング

2016年で誕生から36年を迎える日本発祥のテープ療法。筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮率を持っており、貼ることで慢性疲労の予防は勿論、急な怪我や、怪我の後遺症の改善。関節一の調整。運動前に貼ることで運動後の疲労回復にも効果があります。野球・サッカーを始めとしたプロの競技、オリンピックなど世界的な大会でも近年使用されている非常に効果の高いテープ療法です。主に未病予防と急な怪我の対応に使用します。

スパイラルテープ

日本の関西は大阪の整骨院で誕生し20年を迎えるテープ療法。テープを格子状にしてカラダに貼ることで皮膚から神経に作用し、痛みの信号を改善する。クライアント様の自覚する違和感・痛みの箇所により貼る場所、貼る角度も異なる。キネシオテーピングのような伸縮性はないが、貼る範囲は少なく、鍼と近い効果も得られる。

このように東洋医学(日本式整体)・西洋医学(カイロプラクティック)の療法の側面から考えます。私にとって手技とは工具箱に入っているドライバーやスパナ、六角レンチの感覚です。クラアント様のカラダに合ったものを使いわけます。
効率がよければ新しいものを取り入れますし、必要があれば新しい身体構造を取り入れるのでベースはこのままですが、整体タナゴコロの手技は今後色んな形で進化し増えていくこともあると思います。

「PNF(操体法)」

P =(Proprioceptive )固有受容性
N =(Neuromuscular)神経筋
F =(Facilitation)促通(法)

神経と筋のつながりを使い、関節、腱、筋肉中に存在する受容体が受け取った刺激を通して患者の運動を改善する方法です。
日常生活の中では偏った動きの連続で、知らないうちにカラダの関節の可動性(動く範囲や動かせる広さ)が狭くなったり、ムラがあらわれている場所に使用します。
PNFはお客様自身の体のチカラを利用して運動を取り入れながら動きを改善してゆく痛みのない療法です。

アクセス

〒154-0022 世田谷区梅ヶ丘1-16-7 フラット1167・1F
03-6873-9381
10:00~20:30(受付19:30迄)